諫早東道院での技法修練

金 剛 禅 総 本 山 少 林 寺 諫 早 東 道 院 公 認 W E B サ イ ト



少林寺拳法物語     そのむかし、あるところに一人の少年がいました。少年はお母さんと妹二人の四人で暮らしていました。でもある日、お母さんが病気で死んでしまいました。残された少年は妹二人をたすけながら生活をしていましたが、妹が一人また一人と二人とも死んでしまいました。少年は悲しくて、くやしくて泣きました。たくさんたくさん泣きました。そして少年は一人ぼっちになってしまったのです・・・・。それから数年が経ち少年は大人になっていました。大人になった少年は、外国へ戦争に行かなければならなくなってしまったのです。戦争ではたくさんの人が殺されたり、無理やり働かせられたりしていました。それを見た少年は悲しくなり、『もし、この戦争から生きて帰ることができたら、強くてやさしい人をたくさん育てよう!』と思いました。戦争が終わり、少年はなんとか生きて帰ることができました。でもせっかく生きて帰って来たのに、戦争が終わったばかりの故郷の人たちは、自分の事しか考えない身勝手な人たちばかりになっていました。それを見た少年はまた悲しくなりました。でも大人になった少年は強くやさしくなっていたので、もう泣きませんでした。強くやさしくなった少年は、そんな身勝手な人たちを見て、『これではダメだ!これからは、半分は自分の幸せを、もう半分は他人の幸せを考えることができる、本当の強さとやさしさを持った人をたくさん育てよう!』と心に決め、小さなお寺を建ててそのお寺の和尚さんになりました。和尚さんになった少年の名は【宗 道臣】(そう どうしん)といいます。そして宗 道臣はそのお寺を【金剛禅総本山少林寺】と名付け、身体をきたえながら心も強くする方法を教えはじめたのです・・・・・。その方法は、みんなが楽しみながら強くやさしくなれる方法でした。その方法の名は【少林寺拳法】といいました。たくさんの人が少林寺拳法を楽しみながら修行しました。そうして少しずつ、強くてやさしいお弟子さんたちが育って行ったのです・・・・・。少年はもう悲しくはありません。だってたくさんの強くてやさしいお弟子さんたちが、少しずつ平和で豊かな世の中をつくりはじめてくれたからです。そんなたくさんのお弟子さんたちは今でも世界中で少林寺拳法を広めながら、たくさんの強くてやさしい拳士を育て続けています。世界中がずっとずっと平和であり続けるために・・・。

★ 諫 早 東 道 院 連 絡 板 ★

諫早西道院(昇級試験会場) P D F

平成30年

諫 早 東 道 院 便 り     2018年9月1日   道院長 栗林伴式



連 絡 事 項

〇 9月11日(火)は道院長不在です。この日の練習は追って連絡致します。

〇 次回昇級試験は9月16日(日)です。有喜ふれあい会館での合同練習にて行われます。合同練習は13〜17時までです。受験者以外も出来るだけ参加をお願い致します。

〇 9月16日(日)はのんのこ諫早祭りのジュニア自慢に参加します。参加する時間帯は10:00〜11:30の間の8分間です。順番が決まり次第集合時間と場所を連絡致します。

〇 9月17日(月)14:00からリアゾン長崎ケアハウスにて演武披露及び交流会を行います。お時間のある拳士は参加をお願い致します。(長崎市江川町100−1)  







ホームページ テンプレート フリー

Design by