諫 早 東 道 院 で の 技 法 修 練

組 手 主 体  ( く み て し ゅ た い )

少林寺拳法の修練は、二人一組で行うことを原則とします。これは、相手の行動に適切かつ柔軟に対処できる実戦的な技法を養うためであると同時に、共に協力して上達し、その喜びを分かち合うためです。

相 手 を 思 い や る  気 持 ち 【 組 手 主 体 】 。

少林寺拳法が組手主体を原則としているのは、 【武】 として拳を用いる場合には必ず相手が存在し、そうした格闘の際の攻防の間合い等、動くものに対する種々の条件は単独では会得出来ないからです。故に少林寺拳法の修行は初心から相手と組み修練を行うのが主体となっています。二人で組んで修練するわけですから、自分が上手になるためには相手にも上手になってもらわなければなりません。そうした環境から相手を立て、相手を思いやる気持ちがが芽生え、協調性のある人柄が養われていきます。(※ 副読本引用。1987年6月10日)
もちろん、この組手主体から生まれる「相手を思いやる気持ち」が現代社会の人間関係上、大いに役立つ事は言うまでもありません。(※ 筆者見解)

ホームページ テンプレート フリー

Design by