諫 早 東 道 院 で の 技 法 修 練

不 殺 活 人  ( ふ さ つ か つ じ ん )

少林寺拳法の技法は、誰かを傷つけるためのものではなく、自分や他人を守り、活かすためのものです。少林寺拳法の技法は、人の可能性を実感させ、成長の喜びを味わうために修練されます。

拳 を 正 し く 活 か す 道  【 不 殺 活 人 】

相手を傷つける事なく強烈な痛みを与え、相手の戦意を喪失状態にするという、最小の力で最大の効果を生み出す事が出来る理想的な技法、少林寺拳法。あくまでも「活人拳」を目標として、人を殺さず傷つけず、自己の身を守り、他人を助けるための「一拳多生」の拳。それを正しく活かす道が不殺活人です。(※ 副読本引用。1987年6月10日)

ホームページ テンプレート フリー

Design by