諫 早 東 道 院 で の 技 法 修 練

道 院 紹 介

金剛禅総本山少林寺諫早東道院の中身を余す事なく紹介します。(^○^)

ち ょ っ と 寄 っ て み ま せ ん か ? 。 諫 早 東 道 院 に  (  ̄ ▽  ̄ ) 。

みなさんこんにちは。諫早東道院長の栗林伴式です。



ココ諫早東道院は意外と歴史の古い道院です。2017年2月で38年になります。歴史があるからイイと言う訳ではではありませんが、それだけ永きに渡って少林寺拳法を修練して参りました。

その中には色んな方がいらっしゃいました。怒ってんのか怒ってないのか分かりづらい人、いつもニコニコおっとりした人、考えてる事がビックリするほど面白い人、ヤンキー集団。まぁーまぁーそれなりに恐くもあり、楽しくもあり、そんなこんなで時が流れ、今日に辿りついております。

現在は小学生から大人までと幅広い年齢層の拳士が日々修練に取り組んでおります。道場ではメリハリのある楽しい修練と、人の和を重んじる心、礼儀作法はもとより、技術の研鑽等々、個人のまだ見ぬ可能性の発掘に取り組んでおります。 


























【人間は本来もっている能力の3%程しか発揮できていない】 と言われています。子供であろうと大人であろうと、人間という存在である以上、まだまだ発展する余地は十分にあります。己の持つ未知の可能性を引き出してはみませんか?

ホームページ テンプレート フリー

Design by